薬用せっけんミューズ

ミューズでスマイルキャンペーン

TOPへ戻る

篠田麻里子さん Interview

女優・タレント
篠田麻里子さん

1986年福岡県生まれ。AKB48のメンバーとして活躍。 グループ在籍時の2008年から2018年まで「MORE」の専属モデルを務めた。2013年にAKB48を卒業。現在は女優・タレントとして活動中。 19年2月に結婚、2020年3月末に第一子を出産した。
篠田麻里子さん

ニューノーマルを迎えたからこそ、新しいことを始めたり、
よりきちんと手洗いをしたりするきっかけができました。

オンラインでのテレビ出演が増えて、目の前に相手がいない難しさを感じました

ちょうどコロナ禍で出産を迎えたので、不安でいっぱいでしたが 、遮断されて守られた中での出産だったので、安心を感じる場面もありました。
産休明けのお仕事では、オンラインが増えました。以前はみなさんとお会いしてハイタッチや握手をすることもありましたが、今はそういった機会もないし、人と人が距離を持って接する必要があると感じています。
テレビのバラエティでは、特に変化を実感しています。収録ではアクリル板があるので横の音が聞こえなかったり、リモート出演だとコミュニケーションに時差があったり……。例えばバラエティでツッコみたいときに、リモートだと収録現場との温度差や、タイミングがズレるなって感じました。
オンラインだとカメラが目の前にあって、カメラの向こう側にいる人を想像して発信をするので、反響というか「見えてるのかな?」と心配しながら投げかける、そういう難しさが最初はあったなと思います。

YouTubeチャンネルを通じて、子育ての参考になる発信ができたら

篠田麻里子さん

衛生面では、ちょうど娘が6カ月になるんですけど、色々なものをベロベロなめたり、触ったりするので、除菌シートやアルコールスプレーはお出かけのときに持ち歩くようにしています。
仕事面では、YouTubeを始めました。
私自身、YouTubeを子育ての参考にしていたんですよね。公民館や児童館に行けない状態だったので。本来ならば、娘とお散歩したり、色々お出かけできるはずだったんだけど、それができない中で自分はどう日常を楽しむかを振り返ったときに、動画を観て楽しんでいた。そこで、自分でも子育ての参考になるような発信ができたらいいなと思って始めてみました。

これまで以上に細かく、しっかりと手洗いをするようになりました

今までも手洗いうがいをしていましたが、よりこまかく手洗いやうがいの方法を学ぶようになりました。YouTubeやテレビを通じて、正しい手洗いの方法を知る機会が増えたことで、今までは正しい手洗いができていなかった、割とざっくり洗っていたことに気づいて。今回のことで、例えば「手首まで洗う」など、正しい手洗いの方法を意識して、よりきちんと洗うようになりました。
いつもは石鹸つけてワーッて洗って流して、1分にも満たない洗い方だったんです。でも、隅の隅までじっくり洗うこと……爪もそうですし、手首まで洗ったほうがいいとも聞いて、「洗わないところがないんじゃないか」っていうくらい、結構みっちり洗っています。

TOPへ戻る