薬用せっけんミューズ

ミューズでスマイルキャンペーン

TOPへ戻る

坂梨 亜里咲さん Interview

MEDERI(メデリ)株式会社 CEO
坂梨 亜里咲さん

明治大学卒業後、ECコンサルティング会社にてマーケティング及びECオペレーションを担当。女性向けwebメディアのディレクター、COO、代表取締役を経験した後に、MEDERI株式会社を設立。
2020年3月より自らの4年に渡る不妊治療経験から気づきを得たプロダクト「Ubu」をスタート。
坂梨 亜里咲さん

夫婦のコミュニケーション、手洗いの習慣……
ニューノーマルがあったから「当たり前のはずなのに、意識できていなかったこと」に気づいた

やめてみて「必要ない」と気づくこともあり、より事業に集中できる環境になった

夫は医療従事者で、その家族である私も気を使って生活をしなければならないと考えて、外出や人との食事は、かなり控えて過ごしています。
業務も基本はオンラインでの打合せや、ミーティングがベースになりました。会食もぐっと減りましたし。実際に無くなったことで、「必要なかったな」と思う会食もありました。より事業に集中できる環境になったと感じています。

新たに始めたことが、大切な人とのコミュニケーションを支えてくれています

自転車を買って、近所をサイクリングするようになりました。気持ち的にもリフレッシュになっているのと、東京に移り住んで10年くらい経つのですが、今まで知らなかった道やお店を発見できて、とても楽しいです。
家の中では、断捨離をするようになりました。
どうしても家にいる時間が長くなってしまうので、「これ本当に必要だっけ?」とか「これ邪魔だな~」とか、そういうものが目について。
あとは、手に目がいくことが増えたので、「手を見たときに楽しく、明るくなれるように」と、起業で忙しくて中断していたネイルを再開しました。
それが結果的に夫婦の円満にもつながっている気がしています 。結婚生活も長いのですが、夫が爪の変化に気づいて「ネイルかわいいね!」と言ってくれるので、コミュニケーションのきっかけとして「夫婦仲を守ってくれているな」と。

手洗いは健やかで快適な毎日のために必要不可欠なこと

小さいころから手洗いうがいについて、習慣化するように両親や学校の先生、兄弟から言われてきたはずなのですが 、大人になってからあまり意識していなかったなと。今回を機に 「健やかで快適な毎日のために必要不可欠な行為だな」と改めて実感しました。

TOPへ戻る