薬用せっけんミューズ

ミューズでスマイルキャンペーン

TOPへ戻る

さきさん Interview

医療技術者
さきさん

岩手県在住。不妊治療のクリニックで技術者として働いています。休日には趣味のクライミングでリフレッシュ。ボルダリングジムや運動公園、岩場などに出かけ、仲間と20〜30mの壁を登ります。クライミング歴は約6年になりました。腕力や持久力、瞬発力などオールマイティの筋力が必要なので、普段からタンパク質多めの食生活を心がけています。

新たにはじめたことNew thing

クライミング

趣味のクライミングでもしっかり衛生対策

趣味はクライミング。人工壁のホールド(突起物)を素手でつかんで登るのですが、ホールドは不特定多数のクライマーが繰り返し触れるところ。そのためトライする前後には必ず手洗いと手指消毒をするようになりました。クライミングに必要なチョークやロープなどの道具も他人と共有せず、自分の物を用意。登っている間も必ずマスクを着用しています。はじめは苦しかったのですが、次第に呼吸器官が鍛えられたのか、楽になりました。
さらに最近、車を購入。クリニックまで片道約10分の距離ですが、バス通勤していた時のように周囲を気にすることもなくなり、通勤が快適になりました。

クリニックの「衛生的手洗い」を普段でも実践

日常の手洗いでも、クリニックで行われている「衛生的手洗い」を実践するようになりました。「衛生的手洗い」はまず、水で手を流したあとハンドソープをつけて、手のひら、指、手の甲、指の間、親指の付け根をしっかり洗浄。続いて爪の中、手首の周り、腕を洗い、最後に水かぬるま湯で洗い流します。この動作をもう一度繰り返してからアルコール消毒で仕上げるのが、クリニックで行っている方法です。そして、手を洗ったあとは次に使う家族のことを考え、蛇口をアルコールで消毒。また、家のなかでもつい無意識に触れがちな壁や机も、こまめに拭いています。
手洗い

TOPへ戻る