薬用せっけんミューズ

ミューズでスマイルキャンペーン

TOPへ戻る

かんこさん Interview

ブラジル料理教室主宰
かんこさん

父の仕事の関係で幼少期をブラジルで過ごし、その後、現地の旅行代理店に就職。2014年の「2014FIFAワールドカップ」や2016年の「2016リオデジャネイロオリンピック」では、現地での事業運営をサポートしました。2018年末に日本へ帰国し、翌年末に結婚。ホテルに勤めていましたが退職し、今はブラジル料理教室「ipanema kitchen」を主宰しています。

新たにはじめたことNew thing

フラワーアレンジメント

念願だったブラジル料理教室を開講

ホテルの営業職に就いていましたが、外出自粛の影響を大きく受けたこともあり、思い切って退職。念願だったブラジル料理教室を開講しました。友人・知人を中心に、自宅リビングに最大4名の生徒さんを招いて開催しています。食器やインテリアにもこだわり、現地の雰囲気を演出。お花が好きなので、料理教室開講と同時にフラワーアレンジメントの教室にも通い始め、常に観葉植物とお花があふれる空間で生徒さんをお迎えしています。将来はフラワーアレンジメントや着付けのクラスも開講したいと思い、それぞれ資格取得のため、クラスを受講中。在宅勤務の夫も応援してくれ、毎日、夢の実現に向けてポジティブに暮らしています。

料理教室の指導者として、日常でもしっかり手洗い

自宅で2匹猫を飼っているのですが、料理教室を開催するリビングの衛生を保つために、猫部屋を設けてお世話をしています。もともとこまめに手を洗う習慣はありましたが、コロナ禍を受け、これまで以上に衛生面には万全の注意を払うように。人間だけでなく、ペットの健康も考えて、猫のお世話をする前後には必ず石鹸で手を洗います。
また、これまでは爪を伸ばしておしゃれを楽しんでいたのですが、料理を指導する立場になり、短くカット。料理教室ではマスクの使用を徹底するほか、試食の際にアクリル板を立てるなど、指導者としての責任から、より一層厳しい目で衛生を管理するようになりました。
ペットの猫

TOPへ戻る